関節痛にはサプリメントが最適【炎症鎮静で快適ライフ】

シニア

更年期になったら

困る

症状と治療

更年期とは主に閉経前後のことをいい、更年期にホルモンバランスが崩れることで起こる精神的、肉体的な様々な障害を更年期障害と言います。女性は更年期になると女性ホルモンが急激に低下します。その変化によって自律神経が乱れてイライラ、不安感、焦燥感、疲労感が出たり、ほてり、発汗、冷え、睡眠障害などがでることがあります。更年期に更年期障害のような症状が出た場合、皮膚科などの病院に相談に行けば治療をすることができます。更年期障害の治療には、プラセンタ注射やホルモン療法などがあります。プラセンタ注射はヒト・プラセンタエキスを原料とした注射です。更年期障害の治療効果もありますが、アンチエイジング効果もあります。

イソフラボンの効果

更年期障害のホルモン療法でも使用されているのが、ホルモンを増やすサプリメントです。更年期障害は女性ホルモンの低下が原因となって起こるので、サプリメントを積極的に摂取してホルモンを増やすことで、症状の緩和ができます。女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きを持っているのが、大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンは「植物性エストロゲン」とも言われており、女性ホルモンの働きをサポートしてホルモンバランスを整える働きをもっています。また、大豆イソフラボンは美肌やアンチエイジング効果がある成分としても有名です。イソフラボンのサプリメントの他、プラセンタエキスのサプリメントも更年期障害の症状緩和に効果があります。